プロ農業者たちの国産農産物・展示商談会

出展者の声

  • HOME »
  • 出展者の声

出展者の声

具体的な商談、成約

  • 既存のバイヤーも含め、 9社との商談が進んでいる。新規では、有機栽培・こだわりの強い外食業や小売業との 取引が始まる見込みだ。
  • サンプルや見積りの依頼が、卸、食品メーカ一、レストラン等より7~8件いただけた。
  • 12件もの企業より引き合いをいただけた。その中には新規商談先が6先あり、秋の収穫に向けて現場を見に来てくれる予定。
  • 16社程度商談が続いている。商品が大変好評で、多めに用意した名刺が無くなった。
  • 大手外食店より、新規オープンにつき商品を取り扱いたいと、現在話を進めている。
  • 品揃えを強化したいとのことで、こだわりの商品を取扱う小売店と取引を開始した。その他、これから連絡を取る先が数件ある。
  • 7~8件見積りやサンプルの依頼があった。問屋や、価格帯の高いこだわりの小売業からの話が多く、希望の業態と商談が出来た。また、出展者とも商品コラボレーションの話が出来た。
  • 商品にこだわっているので安値販売同出来ないが、安値商品を狙っているのではなく、価値ある商品を探しているバイヤーが多いので、毎回成約に結び付いている。今回も、しっかり成約に結び付きそうだ。
  • 今までも成果を得ていたが、狙っていた企業と大きな成約の見込みがあり、今回は過去最高の成果になりそうだ。商談には、何より継続が重要と実感している。
  • 製品の製法を丁寧に説明する機会となり、数社と成約になりそうだ。普段は市場経由のため、直接バイヤーへ説明する機会がないが、今回貴重な機会になった。販路開拓に自信が持てた。
  • 輸出企業からの引合いが数件あり、今後の展開に期待が持てた。
  • 小売店、百貨店より引き合いがあった。反響が大きく、製造が追いつかないほどだ。

 

「アグリフードEXPO」ならではの成果

  • 新たな小売業や卸売業者等、幅広く話をいただいた。既存の取引先とも「アグリフードEXPO」を通じて挨拶、商談の場として利用出来た。無農薬、有機農法に興昧を持つバイヤーが増え、手ごたえを感じている。
  • バイヤーマッチングで商談した企業と成約になり、既に取引を開始している。
  • 今回初めて「アグリフードEXPO」に出展したが、バイヤーマッチングにて商談した企業へ、商品が出来次第、サンプルとして送ることになった。
  • 地元の商談会では出会えない様々な業種より、来訪があった。バイヤーは、求めている商品が明確な方が多く、価格や内容等のポイントが絞られていたことが良かった。次回に向けて資料を準備する等、改善点が得られたことが大きい。
  • 製品の評価が高く、成約になりとても良かった。また、出畏者との情報交換が出来、大変勉強になった。
  • 同業の出展者と交流することが出来たので、有意義な開催だった。また、商品に対しての意見等もいただけたため、今後の参考になった。

 

「アグリフードEXPO」出展の感想

  • 商談会初出展のため不慣れな点が多く、バイヤーがどのくらい商品に興昧を持って寄ってもらえるか不安だったが、多くの企業より高評価をいただくことが出来た。
  • 新製品への評価を確認できた事と、高い確率の引き合いがあり、製品をシリーズ展開して行けると確信した。
  • 通常の営業活動からはカバーしにくい、遠方の企業や異業種からのコンタクトが得られた。
  • 生産者がただ物を作るのではなく、バイヤーや消費者が何を求めているのかを直に聞けたことが良かった。
  • 本当に商品を探しているバイヤーが多いため、具体的な話に進みやすく、会場規模に対し、来場者数が適正だと感じた。
  • 大手小売店より、ギフト用として商品の提案をいただけた。今回は会場も広くなり、盛況感が例年以上にあったと思う。
  • こだわりの農産物を使用した加工製品のため、年に一度しか製造時期が無い状態だが、ここで事前に受注を得られ、計画的に製造に取り組めば、経営が順調になると思う。
 
 
 
PAGETOP